中国株管理支援ツール

ほぼ全ての方に言えることだと思いますが、株価を知るためには情報を提供しているサイトに行って、チャートなどを見て参考にしているのではないかと思います。
銘柄を選ぶときはいちいちコード番号を入力して、それらを表示させるというのはちょっと手間になるのではないでしょうか。
そこで何か便利なソフトなどで代用することはできないかと探してみると実は非常に便利な物が見つかりました。

それが中国株管理支援ツール「China Stock Manager」と言うものです。
このソフト自体はフリーウェアとして公開されています。
このソフトを使うと上海B株、深センB株、ハンセン株、H株、GEM、その他メインボードの株価が取得できます。

さらに、ポートフォリオ管理もできて、証券会社ごとの手数料も自動計算でき、一目で今現在の損益が分かります。
さらに株価のデータをCSVで書き出せるので、エクセルを使って資料作成などが可能です。
これは非常に便利な機能だと思いませんか。
また、様々なサイトからデータを収集するなどして情報を探しているので何度もサイトをぐるぐる回ると言った手間もこれで省くことができるでしょう。
無料ですので、是非、ダウンロードされることをオススメします。

なお、損益計算に使う手数料方式は、東洋証券とユナイテッドワールド証券、内藤証券、楽天証券、アイザワ証券、松井証券、マネックスビーンズ証券、シィティバンク(香港)の8つの手数料方式に対応しています。

中国株のメリット

中国の株に投資する最大のメリットは、経済の成長性の恩恵が受けられる可能性が非常に大きいという点でしょう。
中国の経済は年々右肩上がりで成長しています。
また、右肩上がりにあると言ってもGDPなどでも先進国と中国との間には差がある状態になっています。
世界規模で見たときに最も先進国に近い国と呼ばれているのが中国です。

多くの株の銘柄が10万円以下で買えるという割安感があり、高い配当利率も魅力です。
また中国には北京オリンピックや上海万博博覧会などのビックプロジェクトもあり、国を上げての経済発展が期待できます。
かつての日本も発展途上国でした。
モノマネと言われても先進国の技術を真似し、新たな技術を開発し、高品質な商品を生産することで先進国と言われるまでに成長しました。

「60年代の日本株と同じ局面にある」と言われて、中国株を扱う証券会社が増え、売買手数料も安くなっています。
中国もまた日本と同じ道を歩むのかも知れません。
パソコンメーカーのIBMのパソコン部門を買収することで、中国のある企業はすでに多くの技術を持つパソコン企業になっています。

また、中国の通貨「元」が安すぎると言うことで人民元の切り上げがされています。
さらにかつての日本のように固定相場制から変動相場制への移行もあり得ることでしょう。
そうなればさらに中国の株価は自動的に上がっていくことになるでしょう。
そういったことを考えても中国の株はやはりかなり期待ができる物ではないでしょうか。

中国株を取り扱っている証券会社は、
東洋証券、大和証券、E-トレード証券、松井証券、岡三証券、内藤証券、日興コーディアル証券、ユナイテッドワールド証券、オリックス証券、アイザワ証券、楽天証券、マネックス証券、岡三オンライン証券などが挙げられます。

株の取引でしてはいけないこと

株の取引でしてはいけないことについて説明していきたいと思います。
株初心者の方にはきちんと知ってもらうように、また投資家の方には改めて念頭に置いて欲しいと思います。

1つ目は、インサイダー取引です。
インサイダー取引とは、株式等の発行・資本の減少、自己株式取得、株式分割、合併、会社の分割、営業または事業の全部または一部の譲渡、または譲り受け、新製品または新技術の企業化、業務上の提携など、会社の経営・財務など投資判断に影響を及ぼすような未公表の重要事実を知った会社関係者が、情報公開前にその会社の発行する株式の取引を行うことで、内部者取引とも言います。

証券会社を通してオンラインで株式の売買を行う時も、その株の取引はインサイダー取引に当たらないかどうか、警告文が出るネット証券会社もあります。

2つ目は、相場操縦行為です。
これは相場を故意に変動させたり、又は水準の価格に固定させたりなど、その相場があたかも自然の需給関係で成立しているかのように誤解させる行為のことをいいます。
もっと簡単に説明するならば株価を自分の思い通りに動かそうとしている行動です。

そして3つ目は、見せ玉(みせぎょく)です。
株を売ったり買ったりするつもりがないのに、見せかけで大量に売りや買いの注文を発注、訂正、取り消しを行うことです。
こういった見せかけ注文は証券取引法で禁止されているのでしてはいけません。

他にはなれあい売買の禁止や仮装売買の禁止といったものもあります。
要するに株に関わらず騙したりうそをついての行動はいけないということです。
株を始めるにあたって株の取引でのしてはいけないことも勉強するようにしましょう。

ボリュームレシオ

「ボリュームレシオ」について説明します。

「ボリューム」とは出来高(売買が成立した株数)のことです。
「レシオ」とは、比率=PER(株価収益率)のことで、株価を1株あたりの利益で割って求めた数値で、株価が利益の何倍まで買われているかをあらわした数値です。

一般に、株価が上昇するときには出来高を伴うことが多いので、出来高が増えるとともに株価が上昇します。
そして、出来高が減少しはじめるとともと株価も下落していくといった具合に「出来高は株価に先行する」と言われています。

ボリュームレシオは、この出来高に着目して、「株価が上がった日の出来高は上昇する力」で、「下がった日は下落する力」として、両者の引っ張り合いの程度を数値化することによって、「現在の株価は買われすぎか、売られ過ぎか」を判断するものです。

このボリュームレシオも、他のテクニカル指標と同じように、一定の計算式によって計算され、株価が上昇しているときにはボリュームレシオも上がり、反対に上昇日数が少なかったときにはボリュームレシオは下がります。

ボリュームレシオの値が上昇するときは、株価が上昇した日の出来高が、下落した日の出来高より増えている状態で、相場に「買われ過ぎ」の過熱感が出ていると判断します。
反対に、ボリュームレシオの値が下降してくると、株価が下落した日の出来高が上昇した日の出来高を上回っている状態なので、「売られ過ぎ」と判断するのです。

詳しくはドリームバイザー・ドット・コムを参考にしてください。

中国株の特徴

中国は、現在、改革開放政策をとって急速に市場経済化を進めていて、右肩上がりで毎年約8%ずつ成長してきています。
その中で社会主義計画経済の最大の名残である国有企業をいかにして改革していくかが重要な課題として残っていました。
改革費用として国費をつぎ込むよりも、まずは優良な国有企業を株式改組してしまい株式市場において資金調達を行うことで、改革費用ルートを確保しようとしているのです。

こうしたことで中国本土での株式市場が誕生することになりました。
企業は資金の確保ができ、株式市場の投資家にとっては競争原理、市場経済というものに対する理解促進という意味で、非常に良い機会になっているようです。
本土に株式市場が創設されてからすでに10年以上たちましたが 国有企業改革のための市場という側面はあまり目立たない物になってきました。

中国株には幾つかの種類があります。
同じ中国株は、幾つかの種類に分けられていて、種類によって取引に制限が加えられています。
大きく分けるとA株、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の5種類に分かれます。

その中でも日本人が購入できる中国株はと言うと、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の4種類です。
つまり、A株以外の中国株は全て購入できると言うことになります。

A株は中国国内投資家向けの市場として成っています。
中国国内の人間だけに解放された株で、上海と深センで取引されている中国株です。
B株は取引されている場所は同じですが、外国人にも中国人に購入可能になっています。
A株とB株で基本的に違いはありませんが。
株価やPERの指標ではA>Bの関係になっているようです。
これは市場規模や知名度などによってできる各市場における資金量の違いなどがその原因です。
特にB株は安いのでお得なのですが試験的な市場としての側面もありA株の影響を受けることは否めません。

H株は香港市場で取引される株で、香港と外国の人は購入できますが、中国本土の人間は購入できない物です。
レッドチップはH株とほぼ同じ物です。
そのほかの香港株は、H株とレッドチップ以外の株で香港の人と外国人が購入できます。

中国株の情報はインターネットのサイトなどで得ることもできます。しかし、有料メルマガなどで厳選された情報を得るという方法もあります。
有料メルマガは確かに月額で3千円以上はする物が多いですが、それに値するだけの、一般にはなかなか流れないホットな情報を得ることもできるでしょう。
また、日本での四季報のような物で「中国株二季報」などもあります。

JPMvista株

JPMvista株について説明していきたいと思います。

「JPMvista」の「vista」というのはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの新興5カ国のことをいいます。
そして「JPM」というのは、JPモルガンチェース銀行と証券のことをいいます。
経済成長に勢いのあるVISTA新興国に投資をしたほうがハイリターンを期待できるということで、投資信託に興味をもった投資家の間でひそかに人気を集めている株です。

JPMvista株はJPモルガン・アセット・マネジメントを母体としたファミリー株スタイルを採用していて、株の資金運用や指示に関係している全権限がJPモルガン・アセット・マネジメントにあります。
JPモルガンチェース銀行は本社をアメリカ合衆国のニューヨークに置いている金融会社で、総資産は1兆3000億ドルあるというすごさです。
この1兆3000億ドルという総資産額は、アメリカにおいて第3位の金額になるそうです。
第一位の総資産額というのは想像もつかないくらいの額なんでしょうね。

「JPM・VISTA5・ファンド」のそれぞれの投資比率は、ファンド設定時はベトナム5%、インドネシア25%、南アフリカ35%、トルコ30%、アルゼンチン5%で設定する予定だそうです。
売買手数料は3.15%以内です。
ただし、大和証券のオンライントレードのみでしか購入することができないようです

一方、以前に紹介した「JPM・BRICS・ファンド」ならばいろんな証券会社で購入できるようです。
因みに「BRICs」というのは、経済成長が著しいブラジル(Brasil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の4ヶ国を指すレンガ(brick)をもじった造語です。

グローバル好配当株オープン

グローバル好配当株オープンというのは投資信託名称になります。
投資信託分類としては国際株式一般型となります。
運用している会社は大和住銀投信投資顧問です。
設定された日は2005年7月22日でまだ新しいですね。

運用方針としはマザー株式受益証券への投資を通じて、世界各国の好配当株式へ分散投資することにより、安定した配当収入の確保と中長期的な値上がり益の獲得を目指しています。

北米地域/欧州地域/アジア・オセアニア地域への株投資比率は、おおむね均等に株投資することを基本としています。
株式運用制限はなく、同一株式10%以内としています。
その他の運用制限は新株引受権証券30%以内で同一新株引受権証券10%以内、投資信託証券但しマザーファンド受益証券を除いた投資信託証券で5%以内、同一転換(新株予約権付)社債10%以内となっています


株価変動リスクは株価は、企業業績や市場での需給、経済の状況など影響を受け変動します。こ
れによって、組入銘柄の株価が下落した場合、基準価額の下落要因となります。
信用リスクは株式を発行する企業の経営や財務状況が悪化した場合またはそれが予想される場合には、株価が下落することやその価値がなくなることがあります。 
これによって、組入銘柄の株価が下落した場合、基準価額の下落要因となります。

シロタ株

「シロタ株」というのを聞いたことがあるでしょうか。

本当は「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」といいます。
これは「株」とはいっても、乳酸菌の一種であるラクトバチルス・カゼイの株の一つです。

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株というと聞きなれませんが、これは別名「ヤクルト菌」とも呼ばれています。
ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株よりヤクルト菌という呼び方のほうが知っている人も多いのではないでしょうか。

1930年京都帝国大学医学部を卒業した代田稔氏が強い酸性培地で乳酸菌を培養し、耐酸性の高い株を選抜した結果ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株が得られたものです。
胃液や胆汁中で生きることができるため経口摂取しても生きたまま腸まで届き高いプロバイオティスク効果が期待できます。

このプロバイオティクスというのはお腹の調子をよくする、アレルギーを抑える、炎症を抑えるなどの効果があるもののことをいいます。
簡単にいうならば体に良い働きをするということですね。

プロバイオティクスとは、1989年にフラー氏により「腸内フローラのバランスを改善することにより、宿主(人など)に有益な作用をもたらす有用な微生物(とそれらの増殖促進物質)」と定義されまいた。
つまりプロバイオティクス機能をもつ微生物を摂取すると、それが口腔内や腸内といった消化管内のフローラに作用し、その健常化をはかりながら、疾病の予防や改善を行うということです。
例えばラクトバジルス菌やビフィズス菌のことをいいます。
またこのプロバイオティクスという言葉は最近ヨーロッパを中心に広まってきた言葉だそうです。

ベトナムの株2

ベトナムの株について紹介していきたいと思います。

今、世界でもっとも利益を上げることができると言われているのが、ベトナム未公開株市場です。
ベトナム株で本当に大丈夫なのかと思いますが、100%未公開株へ投資することが良いようです。
ベトナム未公開株を中途半端に投資するのではなくて100%ベ
トナム未公開株へ投資しなけければ意味がないようです。

というのは、ベトナム政府は、2007年の4月の新聞報道によれば、550社を超える主要な国営企業の株式会社への転換と、その株式の民間への放出を加速させていくそうです。
これからの3年間が勝負だそうです。

現在ベトナムのハノイ、ホーチミンの両証券取引所に上場されている企業は 200社余りなっていて今後急速な拡大が見込まれます。
またベトナム政府は2009年までに上場企業数を770社まで増やす計画のようです。
それとアジア開発銀行では、2010年までに 1000社以上の上場企業が誕生すると予想しているようです。
このため、ベトナムの株式時価総額は今後5年間で現在の2兆円規模から10倍の20兆円に拡大すると考えられます。

こういった内容をまとめると株式の時価総額10倍増という日本が20年かけて行ったことをベトナムはわずか5年で行おうとしているということになります。

株の税金

株の投資で売り買いを行い売却益を得た場合には「株式譲渡益課税」という税金がかかってきます。
今かかってくる税率というのは10%でその内訳は所得税が7%、住民税が3%です。
というのも、これは平成14年に源泉分離課税が廃止となって申告分離課税に一つにまとまったのを機に証券税制の見直しが行われたためです。

また株の税金には「株式譲渡益課税」以外にもかかってくる税金があります。
株券を保有していて配当金を得た場合に掛かる税金で「配当課税」という税金があります。
こちらの税率も10%です。
株の配当課税は源泉徴収されるので申告はいりません。

また株の税金はどこで支払うのかということですが、株の投資をす
るのに口座を開設しますが、そのときに「一般口座」・「特別口座(源泉徴収なし)」・「特別口座(源泉徴収あり)」のどれかを選択することになります。
源泉徴収ありの特別口座にすれば全て証券会社がしてくれるので手間もかからず楽です。
一般口座にすると取引明細書を自分で作成して自分で申告しなければいけないのでとても面倒です。
源泉徴収なしの特別口座の場合は書類などは作成してくれるのでまだ楽です。
自分でするのは面倒でわからないという人は「特別口座(源泉徴収あり)」にすることをオススメします。
・副業 金儲け
・ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万円
・初心者でもアフィリエイトで稼ぐ秘密
・毎月100万稼ぐ男の1日10分!アフィリエイト講座!
・情報商材ナビゲーション
・情報商材・アフィリエイト
・究極のブログアフィリエイトシステム
・情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪
・FXの基本
・貯金と投資
・ キャッシング&ローン 計画的に上手に利用
・納得の保険選び
・資格・講座でスキルアップ
・職業と資格について
・女子大生さくらの気まま日記
・さくらのネットでコスメ☆
・アンチエイジングで若返り
・プリザーブドフラワー
・ガーデニングとフラワーベッド
・Calgel カルジェル
・風水で運気アップ
・アロマテラピーでリラックス
・結婚・恋愛相談情報
・男性に贈るクリスマスプレゼント
・さくらの癒しの部屋
・あなたに最適なダイエット法は?
・二の腕ダイエット
・骨盤矯正と下半身ダイエット
・整体
・出産・子育て支援ブログ
・健康第一
・メタボ健診
・C型肝炎
・目のお話
・歯の衛生について
・鍋料理
・手料理レシピ
・葬儀のマナー
・マイホームについて
・スキー場
・ペットの買い方としつけ
・幼児英語と学習塾





RDF Site Summary
RSS 2.0

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。